BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 嬉しいお知らせ
  4. 掲載情報:withコロナ時代のお産-を考えるシンポジウム

掲載情報:withコロナ時代のお産-を考えるシンポジウム

こんばんは、モーハウスつくばショップです。昨夜から今朝にかけての風雨、台風のようでした。みなさま、影響はございませんでしたか?

雲が残る一日となりましたが、気温は高く比較的過ごしやすくも感じました。明日は冷えるそうなので、体調管理にお気をつけくださいませ。

さて、先日、モーハウスつくばショップで開催された、

TOMOサポ ゆーみんさん主催の「withコロナ時代のお産を考えるシンポジウム」。

このシンポジウムが茨城県新聞の記事になりました!!!

アーカイブでもご覧いただけますので、ぜひアーカイブ配信にお申し込みくださいませ。

http://rubans.co.jp/event/withコロナ時代のお産を考えるシンポジウム」/

妊娠、出産に不安はつきものです。

この不安にどう付き合っていくかがポイントになると、

産婦人科医の山崎ゆかさん、

TOMOサポ ゆーみんさん、

モーハウス代表 光畑

の話を聞いて感じました。

何が不安かもよく分からない。

ただ、「よく分からない」を放っておくと、ほとんどの場合、不安に変わる。

そうなると、今度はどこから手をつけたらいいか分からない不安の山。

さらに、赤ちゃんのことで手も頭もいっぱいになり、自分のことまでケアできなくなるのが産後です。

見えない不安を書き出すことで見える化し、それに対応していく。

痛みが怖いとすれば、陣痛とはなんぞや。

眠れなくなることが不安だとすれば、自分が眠るための準備とは。

仕事再開できるか先が見えないとしたら、どんな働き方をしたいか。どんな職場があるのか。

すぐに答えが出なくとも、選択肢はどんどん増えていくと思いました。

よく「2人目だから大丈夫だよね〜」なんて言葉も聞きます。

何人目でもおなじ!!!不安の中身や感じ方は異なるかも知れませんが、不安はつきものです。

また女性がどう生きていくかという話も興味深い。

男性が主体となって作り上げてきた社会や仕組みの中で、女性はノビノビ生きやすいのか?女性だけが変わるのではなく、男性も共に考え方やスタイルを変え、子育てしていきやすい社会にしたいなぁ。と思う今日この頃のワタシには、もっとそこも聞きたーーい!!第二弾をーーー!!!と締めの前から思っていました。せっかち。ゆーみんさん、ぜひに。

多くのパパ、プレパパにも、ご自身、そしてご家族のためにご覧いただけると幸いです!!

みなさまのお産、子育てがハッピーなものでありますように。

<<モーハウスつくばショップ>>

@mohouse_lala

茨城県つくば市小野崎字千駄苅278-1 ララガーデン2F

TEL:029−875−8835

FAX:029−875−8835

https://tsukuba.mo-house.jp/

.

#モーハウス #MOHOUSE #茨城県 #つくば市 #ララガーデンつくば #授乳服

#授乳服に見えない授乳服 #日本製 #マタニティママ #マタニティコーデ #マタニティライフ #マタニティ #ブラ授乳 #授乳ブラ #母乳育児 #お母さん #授乳ママ #産後ママ応援 #授乳コーデ #出産祝いおすすめ#赤ちゃんとお出かけ #赤ちゃんがいる生活  #子連れ出勤 #感染予防 #子連れイベント #マタニティパジャマ #授乳パジャマ #withコロナ時代のお産

関連記事